• HOME

脱毛後のおすすめのケア

脱毛後のおすすめのケアがあります。

それは、十分に潤いを与えてください。

保湿剤(低刺激のもの)をつけて乾燥しないように、肌を潤してください。

それから、しばらくの間(二、三日)は入浴時は、湯船に浸からずシャワーにする、身体はシャワーだけで流すようにするのがイチオシです。

仮に赤くなった場合は、優しく冷やしてあげましょう。

どの脱毛サロンを利用しようかとあれこれ検討する時には、値段だけ見て選ぶのではなく、脱毛メニューの内容を確認したり口コミもしっかり比べてみるべきです。

安さを一番大きなセールスポイントにしている脱毛サロンは少し用心した方が良いです。

安いからと言ってそこに決めてしまうと、脱毛効果に満足できずに追加で通ったり、違うサロンを試すことになったりで、気が付くと大金を払い込んでいた、ということにもなりかねません。

安い価格で客を呼び寄せた上で、高額なコースへの勧誘をする脱毛サロンもありますからプレッシャーを感じて落ち着かない思いをしそうです。

また安いということで人が集まり、希望日に予約を入れることが難しいということもあるでしょう。

皮膚科などの病院で施術される医療脱毛は安心できる一方で、脱毛サロンとかエステで受ける脱毛より刺激が強く、痛みに弱い人には向かないとされますが、レーザーにはいくつかの種類があり少しは痛みを軽減できます。

ですから痛みに対する耐性が弱い人こそ、痛くないと口コミで評判の脱毛クリニックに行ってみましょう。

冷却剤を当てながらレーザーを照射すれば、痛みを最小限に抑えられます。

数は少ないですが、ワックスで脱毛する脱毛サロンもあるとご存じでしたか。

脱毛したい箇所にワックスを塗って、ムダ毛を一気に引き抜きます。

しかし、ただ抜くだけなので、ムダ毛を徐々に生えなくしたい方には向いていません。

とはいえ、よい点もあります。

それは前もってムダ毛の自己処理が必要ありません。

お手入れしにくい部分は助かりますよね。

一時的とはいえ、確実に憎きムダ毛をやっつけることができるのです。

なんと、アンダーヘアも施術可能です。

あなたがもし脱毛器でソイエやアミューレを選ぶのであれば、泡脱毛が可能です。

泡がムダ毛を絡め取る働きをするので、肌へのダメージは減らすことができ、痛みの抑制に繋がります。

もちろん、どの部位でも可能というわけではありません。

ムダ毛を引っこ抜くため、痛いのが苦手、という人にはあまりおすすめできません。

ちなみに、処理後には肌が赤くなる人が大半です。

脱毛サロンも多数ありますが、選択の方法としてはまず、勧誘をしないと謳っているところを候補にしておきます。

ネットの口コミは意外と頼りになりますのでぜひ参考にして接客の方針などを知っておきましょう。

お店について更に深く知りたければ、体験コースを受けてみることで、確実にお店との相性が判明しますので、おすすめです。

そうやって複数のお店を回ってみて、相性ピッタリのお店を見つけるようにしましょう。

ニードル脱毛は針を使用して毛穴一つ一つにきわめて少量の電気を通しながら、ムダ毛の発生元である毛母細胞を壊します。

非常に手間がかかる上に、最も強く痛みを感じる方法かもしれませんが、永久脱毛に近い効果が得られると言えます。

確かなプログラムで育成された施術者に処理してもらえば、ムダ毛で悩むことはなくなるでしょう。

自分で脱毛器を使って処理するメリットというと、脱毛後の満足度は他の自己処理方法と比べると抜群にいいし、脱毛サロンと比べると脱毛費用が安価であることです。

更に、自分の好きな時間に処理することができるというのも、脱毛器の最大のメリットでしょう。

購入するにはまとまった費用が必要となりますし、カートリッジを追加購入しなければならない商品もありますが、全身を脱毛するには脱毛サロンより安価で済むでしょう。

ケノンという脱毛器をご存知でしょうか。

一般的な知名度は低いかもしれませんが、楽天の脱毛器ランキングでナンバーワンの座を3年以上(160週間以上)キープしているという超人気機種なんです。

国産なので外国製品にありがちな初期不良もありませんし、コストパフォーマンスが高く、光の照射範囲を広く設定できて手間と時間を同時に短縮できるのが特徴です。

充電式でなく安定した駆動ができるようにコンセント式を採用しているので、機能はフルなのに本体はとても軽く、疲れないし、使いやすいと評判です。

この機種ならではの超強力な「ワンショット」と速効の「6連射」が選べて短時間での脱毛ができますし、光の広さを調整できるため、脱毛可能な部位が多く、部位にあわせて何台もの脱毛器を揃えなくても、この1台で済むので、高い満足度が得られるようです。

ささっと脱毛したいならカミソリがおすすめですが、肌にとって剃毛の刺激が強すぎます。

ジェルなどで肌を守りつつ剃る、カミソリは剃りやすいきれいなものを使うなど、工夫が必要です。

剃った部分は石鹸などで洗わず、お風呂には入らないようにして、保湿で充分に肌を潤してください。

処理を終えてほっとしても、すぐにムダ毛は生えるもの。

その度にいちいち剃っていると今度は色素沈着に悩むことになります。

関連記事